SSO ProxyとZero Trust ProxyとSSO Proxyが分からない

これらの違いが分からない.

  • Zero Trust Proxy
  • Identity Aware Proxy
  • Single Sign On Proxy

具体的なソフトウェア名はわかる.

  • (製品) Google Cloud IAP → IAP
  • Pomerium → IAP
  • OAuth2-Proxy→SSO Proxy
  • BuzzFeed SSO→SSO Proxy

検索してみた.わからない.Zero Trust Proxyの実装のひとつがIdentity Aware Proxyなのだろうか.では従来のSSO Proxyとは何が違うのだろうか.

特に「ID認識型プロキシ(Identity Aware Proxy)」と呼ばれる仕組みを中心に据え、認証・認可を強化している。これは、アプリケーションやユーザーの場所を問わず、無理のない方法でアクセスさせる仕組みだ。アカマイのID認識型プロキシは、EAA(Enterprise Application Access)という製品として顧客にもサービスを提供している。

解説「ゼロトラスト」シフト:脱“境界セキュリティ”が進む2つの動き https://japan.zdnet.com/article/35134505/ より

CNCF Landscapeを見たが分からない.Pomerium, BuzzFeed SSO, OAuth2 Proxyあたりが該当するが違いについて触れられていない.

CNCF Landscape https://landscape.cncf.io/ より

Google Cloudの説明を見てみる.これによるとAuthNに加えてAuthZが詳細に行えるように見える.Role Based Access Controlが従来のSSO Proxyよりも細かく行えるということだろうか?

Cloud IAP 使用時の App Engine へのリクエストパスの図
Identity-Aware Proxy の概要 https://cloud.google.com/iap/docs/concepts-overview より

やはりよくわからなかった.有識者各位もし補足や答えを知っていれば教えて下さい.


余談:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中