asciidocで書いた履歴書をGitLabのCIで自動ビルド

履歴書をMarkdownからAsciidocに書き直したので、この機会にビルドも自動化してみました。方法だけ知りたい方は前半を読み飛ばしてください。

Markdownを使っていた理由

これまでMarkdownで書いていた理由は以下です。

  • Markdownはシンプルな書式でエディタだけあれば書ける
  • Wordは特定の環境でしか編集ができない
  • LaTeXは細かく指定ができるが書式が冗長である

Markdownで感じた課題

一方で、Markdownで感じていた問題は以下です。

  • レイアウトを細かく指定できない
  • Markdownの方言で振り回されることがあった
  • 納得できるPDFビルド環境がない(Pandocもイマイチ)

Asciidocで書いてみて

Markdownより書き方は冗長であるものの、Markdownでは手が届かなかった部分が指定できるので満足しています。

ビルドの環境は以下のDockerイメージで構築しています。

htakeuchi/docker-asciidoctor-jp

履歴書/職務経歴書の書き方は以下の記事を参考にしました。

エンジニアが読みたくなる職務経歴書 – dwango on GitHub

GitLabのCIで自動ビルド

gitlabのCIは .gitlab-ci.ymlで設定を記述します。サンプルが豊富にあったのでLaTeXのサンプルをベースに以下の設定を作成しました。

image: htakeuchi/docker-asciidoctor-jp:latest

build-master:
  stage: build
  script:
    - asciidoctor-pdf -r asciidoctor-pdf-cjk-kai_gen_gothic -a pdf-style=KaiGenGothicJP resume.txt
  artifacts:
    paths:
      - "*.pdf"

GitLabにプッシュするとCIが走ります。右側のBrowseからビルドされたファイルを見ることができます。

ブラウザからビルド結果を確認できます。


たまにPushしてもPendingで止まって5分くらい動かない時がありました。気長に待っているとビルドが終わります。

GitHubでも良かったもののCircle CIの設定が面倒だったので1サービスで完結するGitLabで今回はやってみました。自動化しておくとWindows環境でもブラウザだけあればGitLabのWeb IDEから編集してビルドが出来るので便利だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です