9424T/SP-Eを静音化する

先月あたりにヤフオクで購入したAllied TelesisのL3スイッチ9424T/SP-Eを静音化する。他のサイトを参考にしたので特筆すべきことはあまりない気がする。

ファンの購入

交換用のファンは秋葉原の千石で販売されているものを2つ買った。小さいファンでも産業機器へ使われるほどなので値段が高い。

取り付け

以下のサイトを参考に取り付けを行った。

アライドのL3スイッチ・CentreCOM 9424T/SP-Eの静音化: aji blog

CentreCOM 9424T/SP-Eを静音化してみた – @SRCHACK.ORG(えす・あーる・しー・はっく)

気をつけることは、「ファンの取り付け向き(吸気/排気)」と「ピンの並び」の2つだけだった。

ファンの取り付け向きを確認せずに取り付けてしまった。以下は間違えた時の向きで撮影した写真。

ピンの並びは、参考にしたサイトでも書かれているように異なるため自分で変える必要がある。ソケットの隙間にピンセットを差し込んで圧着してある端子を押し出すようにして取り出した。力の入れ方が難しかった。

黒と赤のケーブルの位置を入れ替えれば正常に動いた。怖かったのジャンパーケーブルとブレッドボードを使って慎重に配線して確認した。

配線したら接触不良で回らないときがあったので圧着部分の端子を少し調整して再度差し込んだところ正常に動作した。

余ったケーブルは結束バンドでまとめておいた。ファンを筐体に固定するときに、もともと固定していたビスが交換したファンに合わなかった。そこで、購入したファンに付属していたナットとボルトを使って固定した。

配線して通電してFAULTが点灯せず、ファンが回転していれば問題ない。かなり静音になったので運用にもっていきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です